株を始めたい!初心者でもすぐできるゲームで入門してみよう!

株の入門者におすすめなのは株主優待です。これなら損をすることはありません。株のゲームでもこれはないですが、簡単に始められます。

株の入門編3(株のリスク管理のコツとは)

株の入門者にとっては、株の買い方や売り方も何もわかりませんよね。

株を買ったら必ず儲かるわけではないですし、損をする可能性もあります。

株の入門者にはいつ株を手放せば良いのかタイミングがわかりませんよね。

リスク管理のコツを知っておきましょう。

・ピックアップ株式投資の初心者が目を通すべき基本情報 (新田 理恵) | プレジデントオンライン

《株のリスク管理の2つのポイント》

株を始めるにあたり、リスクがあることも知っておきましょう。

株のゲームをしていると、損をすることがありますが、ゲームでは「損した~」で終わりますが現実だと真っ青になりますよね。

株を始めるなら、リスク管理についても知っておきましょう。

損失を少なくするには、投資金額の限度額を決めること、売る時のタイミングを決めることが大切です。

投資する金額は、初心者なら特に自己資金以上のお金を投資しないことです。

そして、1銘柄にすべての資産を投入しないことも大切です。

《損切りのルールを作ること》

損切りというのは、ある銘柄に投資したけれども思うようにいかない(株が上がらない、下がるばかりであるなど)時に売ってしまい、損を確定してしまうことです。

でも、もう少し待てばまた上がるかもとか、持ち続ければいずれ買った値段に戻るだろうとずっと持ち続ける人もいます。

しかし、これがかえって大きな損失になることがあるので、損切りするタイミングを決め、そのタイミングが来たら思い切って売ってしまうことも大切なのです。

《利益が出ていたらいつ売る?》

順調に株価が上がり、利益が出ている場合は持ち続けても良いのですが、一旦売却して利益を得てしまうのも一つの方法です。

よく考えて決断しないといけませんね。

Comments are currently closed.